佐藤琢磨 フランスGPフリー走行1回目で12番手タイムを記録!!

F1第8戦・フランスGPが始まりました。
フリー走行では1位、2位はフェラーリです。

まぁしょうがないですかね。

佐藤琢磨(スーパーアグリ)に今度こそがんばってほしいなぁ






くるまの徒然ブログ

北京五輪中、タクシー運転手の坊主頭は禁止 なんで???

服装を気配るまえに礼儀作法ではないの・・・・


北京オリンピックで印象を良くしようと
してるんどうなぁ




それにしても坊主禁止にはまいった。






くるまの徒然ブログ

圏央道9.6キロが開通 中央道と関越道が直結!!!

東京・多摩地区で建設されてきた首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のあきる野インターチェンジ(IC)―八王子ジャンクション(JCT)間の9.6キロが23日午後に開通し、中央道と関越道が直接つながる。

中央道・八王子JCTと関越道・鶴ケ島JCTの所要時間は約30分!と、これまでより90分も短縮。

くるまの徒然ブログ

自動車保険の一括見積もりで費用を見直そう!

今どのくらいの自動車保険料を払っているか

もしかして払い過ぎてるのでないだろうか?

保険会社ごとに調べるのはめんどくさい
ですよね。

でも自動車保険を一括で見積もりが出せたら便利!

しかも無料で!

ここをから調べて自動車保険料をかしこく節約してみましょう!

保険スクエアbang!/自動車保険


オートバイテル・ジャパン

どうなるの?!ガソリン代ーその2

やっぱりガソリン価格が上がって行くんでしょうね。



Rover400-It's my life-

どうなる?!ガソリン代!!

[アルジェ 18日 ロイター] アルジェリアのヘリル・エネルギー鉱業相は18日、原油価格は今後数カ月間のうちに上昇し、その後年末まで1バレル=60―70ドルのレンジで推移することが予想されるとの見解を示した。

 同エネルギー鉱業相は記者会見で、市場には十分に原油が供給されているが製油能力が不足していると繰り返し強調した。

 「市場への原油供給は十分だ。主たる問題は製油能力不足であり、たとえ掘削しても製油ができない」と指摘。「消費も高まっている。そのため来月あるいは数カ月のうちに価格は上昇し、その後年末まで60―70ドルの間で安定化する可能性があると考えている」と述べた。

Rover400-It's my life-

エンジンオイルの交換っていつするの?

メーカー(自動車メーカー)が推奨するオイル交換時期は、おおよそ10000kmで交換と書かれています。(ボンネットの裏面に記載されています。)
 
「えっ!そんなに長い距離を走っても平気なの!?」
 
と感じる方もいらっしゃると思います。たしかにオイル交換は早いのに越したことはありません。

 販売店等で勧められる交換時期は大体、3000km〜5000kmだと思います。しかし自動車メーカーでは10000kmもしくはそれ以上でも大丈夫というのです。なぜこんなにも差が生じてしまうのでしょうか?

 まず、自動車メーカーが推奨する10000kmというのは「一般的な使用条件」で行した場合での推奨距離なのです。では「一般的ではない使用条件」とはどんな場合なのでしょうか?それは「短距離走行が多い場合・坂道や山道を多く走る場合・アイドリング状態が長く続くような場合(渋滞等)・寒冷地の場合」等が挙げられます。このような走行を多くした場合、オイル交換時期は半減します。

 なので日頃、通勤(通勤距離が長い方は別ですよ。)やお買い物くらいにしか車を使わない方、渋滞での走行条件が多い方、とても寒い地方の方等の場合は5000kmくらいで交換すると良いでしょう。

Rover400=It's my life-

梅雨の季節こそ洗車のお奨めします。

 梅雨に入ると、どうしても洗車するタイミングを考えてしまいますね。でも、一所懸命洗っても、どうせまたすぐ雨が降ってしまうから、洗車してもムダだ〜なんて思わないでくださいね〜

 梅雨といっても毎日雨ばかり降っているわけではありません。晴れる日は確かに少ないのですが、雨よりも曇りのほうが多いのです。この時期は曇りの日こそ洗車に最適!

 雨が降れば降るほどボディの輝きが増す新発想のコーティング用品もあります。

 こうなると梅雨時期の洗車も楽しみに思えてきますね。


Rover400-It's may life-

BMWザウバー、R.クビサに代わりS.ベッテルを起用

BMWザウバーは、現地時間(以下、現地時間)15日、プレスリリースを通じ、ロバート・クビサに代わりセバスチャン・ベッテルをF1第7戦アメリカGP(6月17日決勝)に起用することを発表した。同日、“ロイター”通信など海外複数メディアが報じている。

国内販売の低迷の影響をモロに受けたカタチの両モデル

本格的オフローダーとして、世界中の悪路を走破する性能を備えたサファリと、国産車では珍しいLクラスの高性能ステーションワゴンとして、独自の道を歩んでいたステージアがともに6月上旬を以て生産終了することとなった。今後は在庫のみの販売。なお、サファリに関しては海外向けの仕様パトロールの生産は継続される模様、国内向けのみの販売であったステージアに関しては、完全に姿を消すことになる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。