国内販売の低迷の影響をモロに受けたカタチの両モデル

本格的オフローダーとして、世界中の悪路を走破する性能を備えたサファリと、国産車では珍しいLクラスの高性能ステーションワゴンとして、独自の道を歩んでいたステージアがともに6月上旬を以て生産終了することとなった。今後は在庫のみの販売。なお、サファリに関しては海外向けの仕様パトロールの生産は継続される模様、国内向けのみの販売であったステージアに関しては、完全に姿を消すことになる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。